櫻川八好

幇間とは

出番随時更新

お問合せ

最初の頁

幇間

HOUKAN

 

 簡単に申しますと男芸者や太鼓持ち。お座敷において間を取り持つのが主な仕事でございます。

 お客様に気持ちよく遊んでいただく為に、ありとあらゆる便宜を図り、お客様と芸者さんの間や、お酒の場を取り持つのでございます。もちろん踊りなどの芸も心得ております。

 職業としての幇間は、江戸初期1650年代あたりで、はなは歌舞伎役者が兼ねていたと聞いております。

その後、専業としての幇間は、江戸中期ごろからで吉原などの遊郭と歩みを共にして成長してきました。

 昭和10年頃には全国に470人近く幇間がいたようですが、太平洋戦争などでその姿をほとんど消してしまったのでございます。現在、江戸からの芸を受け継ぐ、見番に所属する正式な幇間は浅草の花柳界に6名を残すのみとなりました

 

座敷芸演目〜八好はこんなお座敷芸ができます〜

 

踊り

粋な小唄・端唄に合わせて、 しっとりと、ときに男らしく踊ります。芸者衆の踊りとはちょっと違い、粋で洒脱なのが幇間の踊りのみどころ!

演目...「深川」「かっぽれ」「奴さん」など

 

当て振り

パントマイムのような振付で魅せる楽しいお座敷芸です。 小さなお子さまからご高齢の方 まで爆笑必至!

演目...「から傘」「八好の手」「権助の豆泥棒」「芸者さんの一日」

 

獅子舞

新春やお祭りなどの行事でよく 見られる獅子舞は厄除けの効果があるとも言われ、お祝い事のお席にも重宝されています。 粋で華やか、晴れ晴れとした気持ちになる演目です。

「幇間 櫻川八好」公式ウェブサイト

COPYRIGHT © SAKURAGAWA-HACHIKOU ALL RIGHTS RESERVED.

この公式サイトの著作権は「幇間 櫻川八好」に帰属します。

 無断での複製、加工、転載、販売、二次使用を禁止します。

www.sakuragawahachikou.com